しゃるるの日記

2018年に亡くなった父の話、アルツハイマーの母との生活なんかを書いてみる。なんか気になったことなんかも。

演歌界の起爆剤になればいいと思う

こんにちは

 

昨日、演歌歌手がJ-POPを歌うっていう企画の番組を見たんだけど、

これ、いいと思う。

 

私はJ-POPってのは歌が上手くなくても人前で歌えるんじゃないかと思っている。雰囲気とかノリで歌えちゃうからかなぁ、と思うけど。そりゃ素人じゃないんだから最低限のものは持っているでしょうけど、基本、演歌歌手のほうがずっと上なんじゃないかと思っている。

 

 

この番組は演歌歌手の腕の見せ所だろう。

さすがにいつもの歌い方とは全く違うものだから、かたくなに断った演歌歌手もいるのだろうな。でも見ている方はとても楽しかった。

 「演歌歌手がJ-POPを歌うとこんなにふうに変わるものなのか!」という新たな世界を見れて楽しかった。

 自分の歌をこんなに上手に歌われたらJ-POP歌手はみな顔が青ざめているかもしれないとも思った。

 若いときは高音が出ても歳とともに高音が出なくなって、それでも必死にテレビで歌い続けるJ-POP歌手って最近多いように感じるのだけど、これは見ていて本当に酷い。聞かされるほうの身にもなってよねと本人に言いたい気持ちになる。

 

 

 ちなみに大トリだった細川たかしは民謡も歌う。

何年か前の紅白では民謡を披露していて、とても印象的だった。

民謡は高音。だからチューブの曲を指名されたんだと思った。

歌っている細川たかしの顔が面白くて、顔芸でスタジオにいる芸能人が笑っていたけど、そんなものは論外でとにかくとんでもない技術力を見せられた気がする。

 

 

私だけだと思うけど、演歌は上手・下手が分からないくせに、J-POPは上手・下手がなんとなく分かるってのはなぜなんだろう?

ま、上手い下手も私基準だからかなり怪しいけどね。

 

 

今の時代、演歌歌手が曲を売るのはとっても難しいんだろうなぁと思う。J-POPだって全くといっていいほど売れていないのだから。

 

私は演歌界に縁もゆかりもないのだけれど、ぜひこの機会に演歌全体が活気付いて欲しいと思う。

ひとつの業界が活気付くというのは思ってる以上に世の中に影響を及ぼす。

その影響が沢山繋がって大きな波になればいいと思っている。