しゃるるの日記

2018年に亡くなった父の話、アルツハイマーの母との生活なんかを書いてみる。なんか気になったことなんかも。

動物園

こんにちは

 

母と一緒に動物園へ行って来た。

半年くらい前に半分だけ見て帰ってきたので、今回はその続き。

 

白鳥が綺麗だった。

おしどりもいて、いつも2羽一緒に水の中にいた。

仲がいいのね、おしどりって。言葉通りだわ。

そしておしどりの羽は綺麗な色が並んでいて見事。

もっと近くでじっくりよ~く見てみたい。

 

ヤギがいた。

なんというヤギなのか忘れたけど、日本原産のヤギだったと思う。

たぶんよく見る、普通のヤギよりも小さいと思う。

足も細かった。

茶色と白(だったと思う)のかわいいヤギだった。

 

カンガルーがいた。

ちょうど日光がいい感じにカンガルーたちに当たっていて、何頭いたのか忘れたけど腹を上にしてすべてのカンガルーがぐでーっと寝転んでいた。

ちょうど休日のお父さんの昼寝の姿そのままだった。

足なんか放り投げたような状態で、漫画の吹き出しがあったら「どうでもええわ」と書き込みたくなる。

腹なんか掻いちゃって妙に人間くさい感じ。

 

白熊がざっぱーんと水の中に入ると迫力がある。

幼稚園の遠足で来ているのか、子供たちが興奮している。

子供の背の高さから見たら私よりもずっと迫力を感じているんだろうな。

 

結構楽しかった。

天気もよかったし。

そうそう、公園内の木々の紅葉も素晴らしくて見ごたえがあった。

ビオラが所々に植えられていて、動物だけじゃなくてこういうところにも気を配っているんだなぁ、と、妙にうれしい気持ちになりながら園内を散歩してきた。

また来て、前回見た像やキリン、カバなんかもまた見たいな。

 

そういや、水族館にしかいないと思っていたらペンギンが動物園にいた。

母が見始めたら水の中にスイーと入って泳ぎ始めてくれた。

熊は母が見始めたら近寄ってきて背伸びしてくれた。

母は動物嫌いなんだけど、今日は動物が寄ってきてくれたのはなぜなんだろう?

犬も猫も触れないくらい嫌いな人なんだけどな。

まぁいいか。

本格的な冬になる前にもう一回行きたい。